葬儀、多様化する形式

さまざまな葬儀の形

一日葬
「一日葬」は仏式の葬儀(一般葬)の流れを簡略化したもので、すべてのプロセスを一日で行います。「一日葬」ではお通夜を行いません。「一日葬」のメリットは、葬儀日程すべてが一日で終わること、そして一般葬よりも短い日程のため、金銭的にも体力的にも負担が軽くなることでしょう。「一日葬」の場合、宗教的な儀礼は簡略化されずに行われます。参列者に高齢者が多くいる場合に、ひじょうに適したスタイルだと言えるでしょう。
 
家族葬
家族葬は、家族と親族、そして友人という、故人と近い人たちだけが集まって行う葬儀です。家族葬のいいところは、義理や宗教の縛りを感じること無く、ゆっくりと故人を送ることができるということです。形式張ったものでは無いので、仏式的に読経をお願いすることもできます。比較的コンパクトな規模で行う葬儀のため、金銭的にもあまり負担がかからないため、近年、増加している葬儀のスタイルです。
 
家族葬で難しいことは、参列者を選ぶことにあります。親族や友人といっても、親しさを量ることはなかなか難しいものです。参列できなかった人や、後々亡くなったことを知り、弔問される方が出てくる可能性があります。参列者を慎重に選ぶことと、事後の対策はしっかり立てておく必要があります。密葬にも同様のことが言えるでしょう。
 
直葬
「直葬」は、かんたんに言えば、火葬だけを行うスタイルの葬儀です。通常は家族など、ごく少人数で行われます。少し寂しい感じもしますが、亡くなった方が高齢で、親族や知人がほとんどいないケースも多くあり、このようなスタイルの需要は多くあります。経済的な負担が少ないことから、「直葬」を選ぶ方も増えています。「直葬」の場合でも、希望があれば僧侶を呼んで読経してもらうことは可能です。
 
神式の葬儀
「神式」の葬儀は、神道式の葬儀です。神道は日本古来の宗教ですが、葬式の持つ意味が仏教とはまるで違います。葬儀の流れや手順も異なりますので、少し詳しくご紹介します。
 
神道では葬儀のことを「神葬祭」と呼びます。「神葬祭」の基本的な流れは以下のようになります。
 
1日目
通夜祭(つやさい)
神職により祭詞(まつりごと・さいし)と呼ばれる詞が奏上されます。「通夜祭」では、参列者は玉串を奉ります。「通夜祭」は、仏式の葬儀における「お通夜」に当たります。
 
遷霊祭(せんれいさい)
遷霊祭では、神職が故人の御霊を、仏教で位牌に当たる、霊璽へ移します。
 
2日目
葬場祭(そうじょうさい)
仏式の葬儀で葬儀式、告別式に当たる儀式が「葬場祭」です。「葬場祭」開式のあいさつの後、神職のお祓い、祭詞の奏上などが行われます。ちなみに祭詞には、故人の人柄や功績などが書かれています。
 
続いて、弔辞や弔電が紹介され、その後、参列者による玉串拝礼が行われます。
 
閉式後、場合により、出棺祭が行われることがあります。
 
火葬祭(かそうさい)
火葬前に行われる儀式です。
 
埋葬祭(まいそうさい)
火葬が終わり、墓に遺骨を納めます。
 
帰家祭(きかさい)
帰家祭は、最近は省略されることが多くなりましたが、火葬の後に遺骨を自宅へと持ち帰る祭に行います。自宅に入る前に、神職によりお清めをしてもらいます。その後、遺骨は祭壇に安置され、この際にも神職による祭詞奏上、礼拝が行われます。お清めには水や塩が使われます。仏式の葬儀でも「振り塩」という清めのための塩をまきますが、これは神道由来の習慣だと言われています。
 
無宗教葬
これまで葬儀は宗教と縁の深いものでした。しかし、日本人のライフスタイルの多様化、また、特定の宗教に偏らない考え方を持つ人が増え、これまでとは違う形の葬儀を求めている人たちが増えてきました。もちろん、現在も仏式の葬儀が主流ではありますが、個性的なスタイルで葬儀が行われるケースも増えています。
 
お別れ会
「お別れ会」「偲ぶ会」などのタイトルで行われる無宗教葬が行われることも多くなっています。
 
「お別れ会」の場合、家族や親族だけで、既に密葬が行われているケースがほとんどです。その後の仏式の葬儀屋告別式に当たるのが「お別れ会」となります。ある程度、知名度のある人物が亡くなった場合などに行われるケースが多く、一般の方の葬儀では、規模が大きくなりがちなこともあり、あまり行われません。
 
「お別れ会」には宗教的な色合いは無く、バックグラウンドミュージックが流されるなど、多くの場合、故人が好むような雰囲気作りがなされます。ホテルの宴会場やレストランなどで行われることが多く、喪服の着用もありません。平服で比較的カジュアルな雰囲気の中で行われるため、「ホテル葬」と言われることもあります。
 
自由葬
「自由葬」は、たとえば、故人の趣味や生前に成し遂げたことをテーマに祭壇を作ったり、ビデオを流してみたり、自由なスタイルで行われる葬儀です。葬儀に決まった形式は無いので、クリエイティブな葬儀があってもまったく問題はありません。ただ、難しい部分はあります。
 
自由葬ではすべてのプログラムを企画する必要があります。そのため、「自由」とは言っても、意外に負担がかかるのです。ましてや故人が亡くなって間もなく行うのですから、かんたんにはいかないことを理解する必要があるでしょう。一般葬は型にはまったもので退屈だと思われがちですが、型が決まっているからこそやりやすいということも知っておくべきでしょう。
 
ただ、故人の希望であれば、ぜひ叶えてあげたいものです。「自由葬」をお考えなら、事前に葬儀社と相談しておくと、すばらしい葬儀にすることができるでしょう。
 
音楽葬
形式張った従来の葬儀ではなく、故人の望んだ自由なスタイルで葬儀を行いたい。そんな「自由葬」の代表格が「音楽葬」と言えるでしょう。「音楽葬」では、生演奏を故人に捧げ見送る。そんなこともできます。「音楽葬」をメニューに取り入れている葬儀社は意外に多く、たとえば一般葬と組み合わせ可能なこともあるようです。ただ、ここまで決まっていると「自由葬」とは言えないかもしれませんね。
 
しかし、「音楽葬」には若干高めのハードルがあります。まず、大音量の音楽を流すことを許可してくれる会場が限られます。ライブ演奏となるとなおさらです。
 
次に、周囲の理解を得ることが難しいことが挙げられます。いくら故人の遺志だったとしても、特に年配の親族などから反対の声が上がることはあり得るでしょう。
 
「音楽葬」の場合でも、一般葬で行われる「喪主あいさつ」「献花」や「焼香」などは行われることが多いようです。
 
「仏式葬」と「音楽葬」のハイブリッド葬儀も行われているようです。このスタイルの葬儀では、葬儀を通して、故人を思わせる、もしくは故人にゆかりのある音楽がバックグラウンドで流されることが多いようです。僧侶による読経時のみ、音楽が中断されます。
 
参列者に配慮を
「音楽葬」を行うのであれば、参列者への配慮を忘れないようにしましょう。「音楽葬」の案内を受け取った人はこんなことを考えるようです。
 
  • 音楽葬に参列する際の服装
葬儀ではありますが、「音楽葬」という聞き慣れないスタイルのため、戸惑う参列者は少なくないようです。特に喪主側で希望するのであれば、服装を指定することも考えられますが、基本的には喪服着用ということになるでしょう。
 
  • 音楽葬で好まれる曲
音楽葬では、故人が好んだ曲が流されることが普通でしょう。とは言え、葬儀という場にそぐわない曲はあると思います。自由なスタイルの葬儀とは言え、そのような曲は避けるのが無難でしょう。
 
一般的に好まれているのは「クラシック」のようです。「クラシック」には「レクイエム」がありますが、この「レクイエム」は、死者の安らぎを祈るために、ミサの時に使用される神聖な曲です。そういう点で、「レクイエム」は「音楽葬」にぴったりの曲であることは間違いありません。他にクラシックでは「アベマリア(シューベルト)」や「G線上のアリア(バッハ)」などが好まれているようです。最近では音楽葬向けのクラシックCDも販売されているそうです。
 
日本の歌謡曲では「川の流れのように(美空ひばり)」「夜霧よ今夜もありがとう(石原裕次郎)」「時の流れに身をまかせ(テレサテン)」「いとしのエリー(サザンオールスターズ)」などが人気のようです。
 
洋楽ポップソングでは、「イエスタデー(ビートルズ)」「サウンドオブサイレンス(サイモン&ガーファンクル)」「マイウェイ(フランク・シナトラ)」などの大ヒット曲が多く使われているようです。
 
自然葬
自然葬という形を選ぶ型も増えています。この自然葬は、いわゆる「散骨」です。「散骨」は古くから行われている弔いの方法です。ただし、現代の日本では、どこでも「散骨」ができるわけではありません。海であれ山であれ、許可された場所にのみ「散骨」が可能です。また、散骨前に遺骨を粉末状にする必要があります。
 
自然葬の形には「海洋葬」「樹木葬」などの他、「宇宙葬」なども含まれます。死者を自然に戻すという考え方は、昔も今も、我々人類の中に存在しているのです。
 

新着ページ