葬儀、多様化する形式

葬儀、多様化する形式

時代が変われば人々の生活も変わります。人々の生活が変われば、人生におけるイベントの形も変わってくるというものです。
 
人生のイベント。「結婚」「誕生日」「卒業式」などなど、思い当たるイベントはたくさんありますね。その中でも「この世に生まれたその日」、そして「この世からいなくなる日」は、人生最大級のイベントでしょう。以前の葬儀は形式張ったものが多かったのですが、最近は個人の好みが反映された、さまざまなスタイルの葬儀が行われるようになっています。
 

日本でもっとも一般的な葬儀の形とは

日本で行われる葬儀の約90%は仏式で行われています。仏式の葬儀は、僧侶が読経を行うスタイルのものです。参列者も家族・親族からビジネス関係者まで幅広く、数多くの人が集まります。最近は一般葬と呼ばれることも多いですね。
 
葬儀は古代の昔から、宗教と密接に関係していました。これは世界中で言えることです。日本でも仏式の他、神道式、キリスト教式など、特定の宗教式の葬儀が行われています。
 
しかし近年は無宗教の葬儀も多く行われています。日本人の多くは仏教徒ですが、良くも悪くも宗教に対し「無関心」なところがあります。仏教や神道の宗教観は多くの人が共有していますが、西洋の宗教や文化の良いところはどんどん取り入れるという、宗教に対しては柔軟なスタンスをとることができる人種。それが日本人です。
 
そういう日本人だからこそ、たとえば「お別れ会」「音楽葬」など、宗教とは関わりの無い自由なスタイルの葬儀を望む人が増えているのです。
 
仏式の葬儀
日本では、これまでも現在も主流の葬儀スタイルです。ただ、この仏式葬儀も依然と比べると簡略化が進んでいます。
 
仏式の葬儀は「お通夜」「葬儀式」「告別式」が行われる、宗教的な儀礼も行われ、しきたりや慣習といったものを大切にされる方が選ぶ葬儀の形でしょう。
 
本来は「葬儀式」が家族、親族と親しい友人のための儀式、そして「告別式」は、ビジネス関係者や近隣住民なども集まる、より社会的な儀式という位置づけだったようですが、現在はその形に変化があるようです。
 
また、亡くなったその日の夜、もしくは翌日夜に行われる「お通夜」も、以前は家族や親族が、夜が明けるまでお線香とろうそくの火を絶やさず、ご遺体に寄り添っていましたが、現在では長くても3時間程度で終わる、どちらかというと友人や知人が多く参列する儀式になっています。
 
友人、知人は「お通夜」、もしくは「告別式」に参列することが慣例化していて、忙しい現代人にとっては、昼に行われる「告別式」よりも、夜に行われる「お通夜」の方が、都合がつきやすいということもこの変化の根底にあります。日本人のライフスタイルに合わせた、葬儀の形の変化です。
 
また、「仮通夜」も増えています。「仮通夜」は亡くなったその日の夜に、家族や親族だけで遺体に寄り添い、一晩明かすことを言います。仮通夜でも僧侶による読経はありますが、この読経に関しても、最近は省略されることが多くなったようです。
 
密葬
身内だけで行う「密葬」も増えています。「密葬」は本来、たとえば会社の重要な人物などで、その後に大規模な「社葬」などを行う場合に、ごく近い人たちのみで行われていた葬儀ですが、現在はそれとは関係なく、「密葬」だけを行うことも多くなってきたようです。


東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫で葬儀・葬式

東京の僧侶派遣

お坊さん派遣 東京

お坊さん派遣 千葉

戒名・戒名授与
 

新着ページ